創発的な解を導き出すプロセスに伴走します。


一人ひとりの想いや持味が、縦横無尽に重なり合うことで、その総和を超える圧倒的なエネルギーが生まれる“創発”がライフワーク。日本と米国の大手企業にて人事マネジメントの仕事を経て、2006年より対話型組織開発コンサルタントへ。現在はフリーランスとして企業、自治体や地域コミュニティなどの創発支援を続けている。2013年末に自然とアートに恵まれた里山・藤野へ移住。著書『組織の未来をひらく創発ワークショップ』(経団連)等。

よしざわひとみ ひとみコーチングオフィス代表 /リーダーのための歴史教室主催

自然をこよなく愛し、人・生物の多様性、地球の持続可能性に想いを馳せる。人が自分の言葉で自分を語ることのインパクト、その重要性を切に感じ、コーチングや対話を通してその場を創ることで、内なるリーダーシップが引き出される瞬間をサポートする。

米国CRR社認定 組織と関係性のためのシステム・コーチ®<Organization & Relationship Systems Certified Coach>

2017年、前事業セルアウト後、世界一周中にZOOMに出会う。現在は離島に住みながらオンラインでヨガ講師、コミュニティ運営、ファシリテーション、講座運営などを通じて全体性を体感できる場・きっかけをつくることに情熱を向けている。

大学在学中にハンセン病問題と出会う。卒業後は不動産関連の会社で営業として4年働き、その後独立。現在はインドハンセン病コロニーを支援するNPO法人わぴねす理事/フリーランスのネット広告代理店(リスティング広告の運用)など、その他複数の事業に携わっている。 NPOでは主に就労支援事業を担当し、2018年よりマイクロファイナンス事業を立ち上げ、運営中。多い時では年間の半分以上をインドで過ごしながら現地での草の根活動を行っている。

福岡県大牟田市出身。 大学卒業後、司会業を続けながらパラレルキャリアで、国際ボランティアNGOの専従職員を平行して経験。教育機関向けプログラムや企業向けCSRプログラムの企画運営を担当。クラウドファンディング企業の営業マーケティング部門では、カスタマーサクセス担当としてクラウドファンディング黎明期の多くの事例に貢献。 現在は、結婚を機に広島県世羅郡世羅町へ移住し、ナレーター業の他、オンライン・オフライン複数の仕事を掛け持ちしている。夫と2人の子ども、夫の両親と同居の6人家族で日々奮闘中。 キャリアデザイン学修士。NICE日本国際ワークキャンプセンター理事。渡航国数23か国。

IT系上場企業にてキャリアをスタート。
その後、独立し、約10年に渡り様々な教育系企業(設立3年〜50年)の第2創業、新規事業立ち上げ等、「組織の転機・創造」に関わり続ける。

途中、ハワイ島での農業、フィリピンと日本のデュアルライフ等、多様なライフスタイルを経験する。
現在は、中小企業向けに進化型組織への移行支援、起業家のメンタリングをオンライン・リアルを組み合わせハイブリッドに行なっている